賃貸住宅を借りる際にはおそらく仲介手数料というものを支払うことになっていると思います。 これは不動産会社に家を探すのを手伝ってもらったという御礼もこめて支払うものなのですが、 これはあくまでも契約が成立した場合に支払えば良いというものです。 したがって、賃貸住宅を探してもらうのを手伝ってもらったけど、結果良いものが見つからなかった。 そういった場合にまで支払う義務があるものではありません。 それを実は知らない人が多いようで、勿論不動産会社の人間は知っているはずですけど、 間違えて支払ったものをいちいち返そうとする会社もあまりないと思いますから、 これは賃貸住宅を探している本人が絶対に知っておかないといけない知識になります。 おそらくほとんど人が仲介手数料については感覚で支払ってしまっているのではないでしょうか? 住宅を借りる場合には多くの人はなんとなく借りている人が多いような気もしますから、 ある程度、事前に知っておかないといけないことは勉強しておいた方が良いと思います。